引きこもりライター.com

ライター活動に美ボディ作り、料理などが趣味な、引きこもりEVERYDAY。

MENU

3ヶ月プールに通いつづけて得たのは、ダイエット効果だけではなかった

f:id:hikikomori-writer:20190815101515j:image

水の近くにいるのが好き。 書く系フリーランスの辰巳(@tatsumi_mami )です。

7日から鳥取に帰省しており、家から自転車で10分程度の距離に市民プールがあるので2日1回通っております。

プールに行き始めた理由は、ダイエットと体力作り

最初にプールに行き始めたのは、5月頃。

半年に1回の入院や体調不良で体力が落ちていたこと、運動不足で「ちょっと太ってきた?」と感じ始めたタイミングだったので通いだしました。

プールに通い続けて感じる、嬉しい効果

週1〜2回のペースで通い始めたプールですが、最初は500m泳ぐのがやっと(しかも25mごとに止まりながら)。

ですが、最近では1,000m泳げるようになり、足をつけないで250m泳げるようになりました!

体力が少しずつでもついてきたように思いますし、痩せるとまではいかなくてもスタイル維持に一役買ってくれているように感じています。

また、水の中にいるとき、泳いでいるときは自然と“無心”に。おかげで心身ともにスッキリする感覚があって、リフレッシュ効果も実感しています。

1,000m泳げるようになって「自信」がついてきた

それだけでなくて1,000m泳げるようになったら「やれば出来るやん、私!」という自信を持てるようになりました。

1,000mを泳ぐ。それだけ聞くと、結構しんどいんですけど

  • 「250m×4回を泳ぐ」と細分化して考えると、少し気持ちが楽になる
  • 「まずは25mをきちんと泳ぎ切ろう」と、目の前のことに集中する
  • 250mを泳げたら、泳いだ自分を褒める!
  • 「出来そうだな」と感じたら、25mじゃなくて連続して50m、75m、100mと距離を徐々に伸ばしていく
  • 泳げたら「私、やれば出来るじゃん!」と褒める

f:id:hikikomori-writer:20190815101600j:image

毎回ヘロヘロになりますが、これを繰り返していたら、普通に1,000m泳げるようになり「私はやれば出来るんだ」という自信がつけられました。

また、私はクロールが出来なくて平泳ぎなので、めちゃくちゃペース遅いんですよね。だから25m泳ぐのに、クロールよりも1.5倍くらい時間がかかります。

それでも続けたら、目標の1,000mを泳ぎきることができるんです。

人よりはペースが遅いかもしれないけれど、続けることが大切だということにも改めて気づくことが出来ました。

 

これまでは仕事やプライベートでうまくいかないことがあると、結構凹んで引きずってしまっていたのですが、

プールに行くようになって「まず、今すぐ出来ることをしよう」「人とではなく、これまでの自分と比べよう」「私は私のペースがある」をスイミングで実践できているから仕事でもプライベートでも出来ると、前向きに切り替えられるのです。

私はスイミングでしたが、人によってはトレーニングだったり趣味のことだったり家事だったりすると思います。

仕事や恋人などの近しい人からではない、自信をつけてくれるものを1つ持つと、色んなことにポジティブに作用してくるのではないでしょうか。

自信が持てない方、自信を最近無くしてしまった方の参考になれば幸いです。

お問い合わせ

文章作成において、お困りのこと・気になること・ご相談がございましたら、お気軽にご連絡くださいませ。

お会いしてでも、オンラインでも、しっかりとヒアリングをさせていただき、ベストな解決案をご提案させていただきます。(初回のご相談は無料です)

 

\新メニュー準備中/

www.hikikomori-writer.com