引きこもりライター.com

ライター活動に美ボディ作り、料理などが趣味な、引きこもりEVERYDAY。

MENU

2018年に取り入れたい家計管理法4つ【小松ゆみさんの家計レッスン】

スポンサーリンク

f:id:hikikomori-writer:20171221104747j:plain

家計レッスンを受けてから早4ヵ月が経ち、少しずつ家計やお金との向き合い方が変わったきた辰巳です。

特に難しいことはしていないのですが、前より焦る気持ちは減っていて「お金苦手なんだぁぁぁあ」という気持ちが薄れています。

 これもひとえに、毎回丁寧にレッスンしてくださっている小松ゆみさんのおかげです。

今回はゆみさんからご指導いただき、辰巳が実践してめっちゃ効果があった&今後取り入れていきたい家計管理法をご紹介していきます。

見える化の徹底

「なんとなくお金がない」とか「なんとなく今月ピンチな気がする」とか、そういう曖昧さに不安は潜んでいるような感じがします。

ゆみさんの家計レッスンを受けるようになって

・支出表で毎月の必要額を把握する

・収入が確定したら、入金日と入金額、支払いの振り分けをする

・スケジュールを入れる時に、ざっくりとした支出額も入力しておく

この3つの“見える化”を徹底して、今では習慣になってきています。

収入と支出、月々の必要額が正確に把握できるようになったことで「今週は篭って執筆するぞ!」とか、「この週は贅沢OK」とか、自分の中に浮かんでくる不安を上手に消化できるようになってきた気がしました。

また、毎日お財布を触って、中身をチェックするようになったのも良い効果をもたらしてくれているのかもしれません。

ゆみさんに教えてもらった、貯金箱の見える化もよい感じです。

項目ごとをざっくりでも把握する

生活費という大きい括りではなく、

・外食費

・自炊費

・交通費

・美容代

・日用品代

・仕事関連

・DATE代

などなど、ある程度項目に分けて、1ヶ月でどの項目をどれくらい使ったか把握するのも効果的だそう!

毎日細かくつけていくのではなく、合算していく形にすれば管理も楽ですよね。「来月はここを抑えよう」など、家計改善にも役立つデータがとれます。

その時に「12月は急な飲み会が多い」など、月ごとのイベントも把握するようしておくと、来年の家計管理に役立てることができます。思いがけないイベントがあって、いつも通りにいかなくて家計がコントロールできずに撃沈なんて事態も防げるのではないでしょうか。

辰巳もまだ実践していないので、数ヶ月試してみてレポートできたらなと思います。 

支出の基準を明確にする

f:id:hikikomori-writer:20171221104803j:plain

収入が入ったときに「返済?投資?貯金?」と迷うことがあると思いますし、その時につきまとうのが“お金への不安”ですよね?

毎回メンタルをぐらぐら揺らされないためにも、それぞれの考え方を知り、支出の基準を明確にしておくのがオススメです。

返済は、期間限定のもの。

決められた期間に払い続ければ、なくなるものです。ですから、月ごとに払う分は最低限キープすることが大事。

無理して早く返そうとすると、メンタルをやられてしまう場合がありますから、焦らないのが一番です。

投資は、別の方法を考えてから

気になることが学べるセミナーや大好きなアーティストのライブは「このチャンスを逃したら終わりかも……」と思いがちです。

でも冷静になって考えてみたら、セミナーに行かなくても、本やブログなどから情報を得て学ぶ方法もあります。

アーティストのライブも、来年解散しない限りは行くチャンスがありますし、DVDや生配信で楽しむことが可能なんです。

・本当にチャンスが今しかないのか

・行けなかった場合、どうしたら同じだけの経験を得ることができるか

この2つを考えてから、投資するかしないかを決めるといいのではないでしょうか。

ちなみに辰巳はこの考えに沿って、今年はTHE YELLOW MONKEYのファンミーティング1本、ドームライブ3本を諦めることができました。「もう解散しません!」と言っているのを信じて……。涙

貯金は無理にしなくていい

ゆみさんによると「貯金ありきの生活に向いてる人と向いてない人がいます」とのこと。
特に返済がある人は、無理に貯金するよりも返済していった方が精神的にも良いのではないでしょうか。

おすすめの支出基準は……

さて、返済?投資?貯金?に関する考え方を分かっていただいたら、次は支出の基準を決めます。

それぞれに合う基準があると思うのですが、辰巳はゆみさんに教えてもらったのを現在実践中です。

⑴返済などの支払いをして、余った分から週ごとの生活費を割り振りする
⑵週ごとの生活費が余ったら貯金にする。小銭でも貯金箱へ!
⑶ある程度貯まったら、投資へ。こうすることで「やりたいことが出来ない」を回避しやすい

今までは「あー!したいことできないよー!!」とか「全然貯金できない私はダメな子」とか思ってしまってたんですが、ゆみさんに教わった基準で支出管理するようになってからストレスが本当に減りました!

そしていかに自分がその場の勢いに左右されていたかも実感。。。!

その場のノリも大事ですが、やっぱご利用は計画的に。ですよね♡

生活の質は落とさないようにする

f:id:hikikomori-writer:20171221105025j:plain

様々な理由から昼間は会社員、夜はバイトと、ダブルワークしている方もおられると思います。辰巳も、朝、昼、夕、夜と稼働時間を分けて、余裕がある時はネタ作りや息抜きを兼ねたアルバイトを入れたりしています。

ただこの時大事なのが、無理をしないこと!

ゆみさんによれば「無理して頑張って、その時は収入が増えるかもしれません。でも忙しく生活の質を落とすと、逆にお金がかかってきたりします」。
例えば、コンビニ弁当=鶏むね肉1パック、買えるんですよ。。。

だんだん「なんでこんなことまでしないといけないんだろう」とメンタルも落ち込みやすくなるので、頑張るとしても予算や期間を決めてやるようにするのが大切ではないでしょうか。

家計管理の支えになっている一言

これまで家計レッスンを受けながらも、どこかで「本当に変われるんかな?」と思っていたように思います。
でもゆみさんから

「ダイエットと家計改善と片付けはつながってるんです! だからできますよ」

そう言ってもらって、めちゃくちゃ出来る気がしてきたんです。なぜなら、-25kgダイエットしたときに汚部屋からも脱出できたから!!

なので、たまに心折れそうになっても頑張れてます。

 

年始からなら、家計管理の新たなスタートもきりやすいはず。ここまでご紹介したものは難しくなく、仕組み化すれば毎日数分でできちゃいます!

無理せず楽しく、やりくりしていきましょう。辰巳も引き続き、頑張ります!

 

※ 家計レッスンをしてくださってる、小松ゆみさんのブログ

4人家族のお金が貯まる暮らし方。

普通のサラリーマン家庭が、幸せなお金持ちになるための貯金ノウハウを掲載している家計管理サイトです。