引きこもりライター.com

ライター活動に美ボディ作り、料理などが趣味な、引きこもりEVERYDAY。

MENU

心の闇を乗り越えるヒントがもらえる映画『ジャスティス・リーグ』

スポンサーリンク

f:id:hikikomori-writer:20171206133243j:plain

大好きなバットマンとワンダーウーマン姉さんが出るので見てきました。

通常字幕とIMAXで。スーパーヒーローが一同に介して戦う映画といえばマーベルの『アベンジャーズ』シリーズが既にかなりの人気を博していて、

「DCコミックのスーパーヒーローが一同に介する映画はどんな感じになるんだろう?」と興味本位で見に行ったんですが、めちゃくちゃ良かったのです!

スーパーマンがいなくなった世界から、物語は始まる

物語は、映画『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』の数ヶ月後くらいから始まります。スーパーマンがいなくなったことで犯罪が増加するだけでなく、新たな敵も呼び寄せることになり……!

この新たな敵は以前も世界征服を試みており、人間の世界だけでなく、ワンダーウーマンが育った“アマゾン”、アクアマンの出生地“アトランティス”をも巻き込んだことから、今回も各地のスーパーヒーローでチームを結成して戦っていくといったストーリーになっています。

 

 人は、1人じゃ乗り越えられないことがある

今作のテーマになってるのは、これかなと。

敵が来るとわかり「普通の人間の自分ではかなわない」と分析して、自身の弱みを受け入れてチームを作る“バットマン”。

100年間、恋人の死を乗り越えられないまま1人で戦ってきた“ワンダーウーマン”。

自分の特殊技能を誰にも打ち明けられなくて友だちがいない“フラッシュ”。

幼少期に親に捨てられたことがトラウマで、神であることを受け入れられず、かといって人間でもないことに孤独を感じている“アクアマン”。

事故で死にかけたことがキッカケで、変わってしまった自分を受け止めきれない“サイボーグ”。

最強すぎて、心を許せる人が限られている“スーパーマン”。

「心技体」という言葉がありますが、いくら技がすごくても、いくら体が強くても、心が弱いと負けてしまいます。

だから、力を合わせることでもっと強くなろうとする映画なんですが、

精神面でも様々な考え方を持つメンバーと共に過ごすことで、今回ちょっとずつみんなが心の傷や苦しみを乗り越えていくんですよね。全員集まることで、精神面も最強になるというか。

これって現代社会でも言えることだと思って。

人と過ごすことで、新しい目線や考えを知ることができて、壁を乗り越えたり成長できたりするんじゃないかなと。

今、人間関係に悩んでいたり「このままでいいんだろうか?」と思っている人は、良いヒントをもらえるかもしれません。

恋人を失った、両親を失った、場や人に馴染めないなど、人が抱える心の闇を的確に捉えて乗り越えるための1つの方法を提示してくれているように感じました。

 きっとバットマンが好きになる

登場人物はどれも魅力的なんですが、今回は特にバットマンが心に残りました。

スーパーマンを表にするとしたら、バットマンは裏。

スーパーマンは性格もよく、めっちゃくちゃ良い人。汚れが本当にない感じで、正論を地でいくキャラです。一方のバットマンはちょっと性格歪んでて、「世界を救おう」というよりも「目障りだから、悪を根絶させよう」という悪を憎む気持ちを原動力としているヒーロー。

ただ、めっちゃくちゃ頭がキレるので、先の先まで読みまくって行動する天才で。実は、すっごくいい行動をしているのに、それがみんなに伝わらない損な人でもあります。

あとになってから、「あ、バットマン正しいことしてんじゃん」となるんですが、基本は反対されることから始まるっていう……。ネタバレになるんで書けないんですが、今回もナイスな提案をことごとくワンダーウーマンとアクアマンに反対されてます。笑

それに、今回DCコミックのスーパーヒーローたち(グリーンランタン除く)と肩を並べたことで、「あ、バットマンだけ生身の人間やん」ということに気付かされるんです。

高いところから落ちたら死ぬし、戦ったら肩外れたりするし、飛行機か車がないと移動できないし、手からビームも出せません! ワンダーウーマンにちょっと押されただけで、倒れかけてますw

特殊スキルは「お金持ち」な彼。

一歩間違ったら死ぬんですよね。

それでも戦いへと足を運んでいき、そして弱い姿をみんなには見せないようにするバットマン……。今回はそんな姿がめちゃくちゃ多く、かっこよくてジーンっときました。

それをまたベン・アフレックが良い味を出して演じてるんですー!!!!

映画『ダークナイト』3部作でクリスチャン・ベールが演じたバットマンは「カッコいい!!」でしたが、ベンアフバットマンは「いぶし銀!」といった感じ。

バットマンの好感度が上がることは間違いないです。

 

今作から見ても十分楽しめますが、映画『ワンダーウーマン』→『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』の順番で予習してから行くと、より楽しめます!

そして、出来たらIMAXで見ていただきたい!!

アクションシーンをより楽しんでいただけるかと思います。

登場人物たちのめっちゃくちゃ引き締まったボディも、モチベーションあげてくれますよ♡

気になる方は、ぜひ映画館へー!

 

※ 関連記事

www.hikikomori-writer.com

内面も外見も「カッコいい女」になりたい人は、映画『ワンダーウーマン』を見るべし! - 引きこもりライター.com

 

※画像参照

映画『ジャスティス・リーグ』オフィシャルサイト