引きこもりライター.com

ライター活動に美ボディ作り、料理などが趣味な、引きこもりEVERYDAY。

MENU

五秒でもいい。自分の「いつもの」から出る大切さ。

今日はまだ仕事が終わっていない。昨日の夜から目眩にまた襲われて、朝起きてからもぐらぐらしていたので、午前中休んだために色々とずれこんでいる。致し方ない。

そういえば、昨日はコメダコーヒーに行って久しぶりにノマドワークをした。

IMG_3853
 

 

 
週に一回は、外で仕事をするようにしている。カフェの窓際、角の席で、車と空の流れを見ながらの執筆。心地良さそうに鳥が飛んでいて「あれくらいスイスイ筆がすすめばなぁ」と思ったりしながら、パソコンに向かう時間。そうやって家にいることでは味わえない空気感を体に取り込むことで、カラダもココロも、少しリフレッシュする。そうすると、不思議と仕事もプライベートも良い流れがきたりするんだ。昨日でいえば新しい仕事の依頼がきたし、今日でいえばボーナスが入ることが決定したり。。。
 
流れを良い方向にもっていくか、悪い方向にもっていくかは、本当に自分のココロ次第だと思う。実際、鬱だった時はなにもかも悪い風にしか考えられなかったし、その場から動こうとも思えなかった。動かないと、ココロも頭も動くことをやめてしまう。だから悪いコトを考えていたら、それしか考えられなくなるのだ。
 
 
五分でも、五秒でもいい。自分の「いつもの」から出てみて、普段味わえない空気感を少しでも体に取り込む。そうすれば、ほんの数ミリかもしれないけれど、矢印がいい方向に向かってくれると思っています。