引きこもりライター.com

ライター活動に美ボディ作り、料理などが趣味な、引きこもりEVERYDAY。

MENU

死に飛び込もうとしていた私と、書いて生きていくと決めた私。

2週間前までベッドの中で「早く死にたい」と思っていた。

 
なにもかもどうでもよくて、
やりたいこともなかった。
存在していることが、とても息苦しかった。
なのに先週末あたりから、
朝起きてシャワーを浴びて身なりを整えて、
本屋さんで知識を求めたりなんかしている。
 
その原動力はなにかなぁーと思って考えたけれど、
先週末会った、あんまりよく知らない人に
「お前はまだまだ狭くて、小さいやつだ」と言われたからだと思う


blog

 



正直、1年に1回しか会わない人に
なんでこんなこと言われないといけないんだ!!!と思ったし、
久しぶりに会った瞬間の一言がそれか!!!と思った。
その時から悔しさが煮えたぎっていて、
それが背中を押してくれて「文字を書いて生きていこう」って、
覚悟が決まったように思う。
 
 
もちろん、いきなり「文字で…」となったわけではなくって
やりたいことを探したり、
「死ねないから生きるしかない」と思って
仕事の面接を受けに行ったりと細々と動いたりしていた。
でも、どれも全く続く気がしなくて
キャバクラで磨いた技で面接だけを乗り切る感じ。
 
結局、本屋さんに行って
本を読んで、ストレスを薄めて…という形をとっていた。
そう、文字に関わると落ち着くことを肌で実感しまくっていたのだ。
 
 
 
細々とでもいい。
すっごいすっごい大金持ちにならなくてもいい。
「私だから」と依頼してくださる人を大切にしながら、
文字を少しずつ紡いでいこう。
 
それからは自分の道筋がぼやぁ〜っと見えた気がして、
心も、体も軽い。
また「死にたい」と思うかもしれないけれど
そんな時はこのブログを読み直して、
いろんなものを煮えたぎらせたらいいなと思っています。