引きこもりライター.com

ライター活動に美ボディ作り、料理などが趣味な、引きこもりEVERYDAY。

MENU

ライターとキャバ嬢の、二足のわらじです

スポンサーリンク

久しぶりすぎるブログ更新で、

なにを書こうかと悩んでいる辰巳です。

 

 

2018年に入ってから、全くブログ更新しておりませんでした。

理由はいくつかあるのですが、一番大きいのは「今の自分を公開することに躊躇していた」ことが挙げられるかなと思います。

かーなーりー、その辺が吹っ切れたので久々の更新です。

 

 

現在の私はライターのお仕事をさせていただきつつ、キャバ嬢としても祇園でお仕事をさせていただいています。

 

f:id:hikikomori-writer:20180409132809j:image

 

キャバクラで働き始めた理由は、当時付き合っていた彼氏から「東京へ引越してきて欲しい」と言われていたから。

ライターの仕事に支障が出なくて、時給が良くて、さくっと引越し資金と貯金ができるお仕事として思いついたのがキャバ嬢でした。

結局、彼氏とは別れたのですが

それでもまだキャバ嬢を続けています。

 

なぜなら、キャバクラはフリーランスに必要な能力を鍛えられる場所だから。

 

お店にいるお姉さま方にはなくて、自分にある武器は何か。

お客さまが求めているものは何か。

どういう姿勢で話を聞けばいいのか。

どういう風に交渉したら、指名がとれるのか。

 

分析、傾聴、営業、、、、。

本当に要所要所で、フリーランスとして生きていくスキルが試される場なんです。

 

キャバ嬢と言うと

「枕営業とか、体すごい触られたりするんでしょ!?」とか

「お酒飲みまくりやん」とか言われるんですが

それも営業の仕方次第。

 

私はめちゃくちゃ潔癖症なので

昔から好きじゃない男性に触られると、蕁麻疹が出る体質ですし

お酒はほとんど飲めません。ピーチウーロンいっぱいでヘロヘロです。

 

だから体をはった営業はできないですが

これまで4年フリーランスでやってきたことを生かして

週に1回は同伴があって、場内指名もそこそことれています。

20歳のときも数ヶ月キャバ嬢をしていましたが、あの頃は指名もとれない同伴もできなくて、

ただお店の売上を食いつぶしていたのに。。。

 

人生、日々成長なんやなと。笑

 

 

ちなみにキャバ嬢をずっと続けるつもりはなく、長くても年内かなと。

それまではキャバクラで稼いだお金は、借りてるお金を返すこと、今後自分のやりたいことを勉強したり試したりするための資金として使いたいなと考えています。

 

2足のわらじは思った以上に大変で、お休みが出来たらずっと寝てしまうほどですが

 

自分が選んだことなので、

ライターの仕事も、キャバクラの仕事も

手抜きしないで、今後も頑張っていきたいと思います。

 

 

これからまた更新していきますので、よろしくお願いします!