引きこもりライター.com

ライター活動に美ボディ作り、料理などが趣味な、引きこもりEVERYDAY。

MENU

包み隠さず公開します!辰巳流 リサーチ法

スポンサーリンク

f:id:hikikomori-writer:20170805143309j:plain

先日開催されました『報酬月額20万突破セミナー』(ランサーズ社主催)にて、「リサーチ力の高い人」として、ご紹介いただきました。

「どっからそんな情報引っ張ってくるんー!?」と言われることも増えてきたので、私が実際におこなっているリサーチの方法を、この機会に言語化したいと思います。

ただ、毎回頭の中でやってるんで、なかなか文字にするのが難しく……! なので、実例を出しつつ、話し言葉も書き言葉もぐっちゃぐちゃの形で書いていきますが、お許しを!!!

 

f:id:hikikomori-writer:20170915213703p:plain

【レポート付】「月20万突破セミナー」見学で再確認した、月20〜50万を安定的にいただけるようになる条件4つ - 引きこもりライター.com

※ セミナーの詳しいレポートは、上記からどうぞ。

  

 1)キーワードもらう

今回は「ワイン」と「うんちく」。

(ネタ出しからの場合は、私がこれまで書いた記事のグーグルアナリティクスの結果や執筆媒体のランキング、最近のトレンドから、自分でキーワードを決めます)

2)方向性を決める

普通にワインのうんちくを書いても読み手は面白くないやろし、ワインに関する”あまり知られてない”ウンチクを書いていくかー。

3)検索ワードを考える

さてさて、ここからが大事です。「ワイン_うんちく_あまり知られてない」で検索しても、欲しいリサーチ結果は出てこないでしょう。

だから、【どんなワードと組み合わせて検索したら欲しい情報が出てくるか】を考えます。この時、ヒントをくれるのが、大体下記の2つ。

①記事が掲載される媒体のターゲット設定

年齢、性別、年収、家族構成、仕事、趣味、興味・関心事、よく使うアプリなど

「このターゲットやったら、こういうところの知識が薄そう」というのを想像して、検索ワードを決めていきます。想像できへんときは、ターゲット層のよく読む雑誌やよく見るテレビをチェックしたり、外出先でそれくらいの年齢層の人を観察したりして探ってください。

②指定キーワードで検索した時にヒットする、上位記事(10〜20記事)

「どんな内容が書かれているか」のデータをとれば、自ずと書かれていない内容が浮き彫りになってきます。「書かれていない=あまり知られてないうんちく」なわけですから、キーワードも想像しやすくなるはずです。

上記2つの段階を踏んで、今回は下記をチョイスしました。

・海外セレブ

・美容

・プレゼント

ワードの数は、記事の文字数で決めています。 今回は500字くらいだったので、3つ。どれかにはいいネタあるやろという勘です。

4)検索する

ここまで来て、本格的に検索作業です。検索結果の見方は、

・情報元がしっかりしているサイトしか見ない→不確かな情報は、自身の評価を下げるだけ。

・ターゲット層が見なさそうなサイトしか見ない→今回「あまり知られていない」情報が欲しいので。

・検索結果は5ページ目まで、根気よく見る→SEO対策をされていない記事に、いい情報が転がっていることは多々あるので。

5)使うサイトを決める

今回は、VOGUEのサイトに決めました。「海外セレブがワイン好きすぎて、ワイナリーを所有し、意外とお手頃な価格で販売している」という記事があったので、ピックアップ。

プラス、ワイナリー所有セレブにターゲット層と重なるハリウッド俳優がいたので「ダンディさが欲しいなら、彼のワインを飲んでみるといいかも。高いならこのサイトのワインでもいいかもねん」って書けるなと思ったのが決め手です。

あまり知られてない、ワインのうんちくだけでなく、ちょこっとターゲット層にも響くネタが載ってるサイトを選ぶことで、記事のオチもしっかり確保できました。

 

 

リサーチが必要なものに関しては、大体このやり方でやっています。 体かたくても、頭やわらかい人を目指してください。

キーワードを言い換えて、データをとって分析して「あ、ここはブルーオーシャンや」っていうところを探して、 読み手の立場になって……。 そのためにも、常に知見?知覚?を広げるのが大事です。

同じ人と付き合いすぎないとか、目に入る情報( SNSのフォローとか)はあえて自分が意識しないと見にいかないものにするとか、テレビのチャンネルは固定しないとか、定期的に仕事相手入れ替えてみるとか。いろんな人と付き合うと、「そんな発想/情報があるんや!わお!」って新たな気づきがいっぱいですよ〜 !

 

おまけに、お店の探し方も公開します

ここで終わってもいいんですけど、おまけ的に、お店の探し方もまとめときますね。

お店の探し方ではあるものの、何かを開催する際の場所探しや旅行プラン探し、家探しなど、"〇〇探し”には基本的になんでも応用できるので、覚えとくと便利ですよ〜!

具体的に、こないだ吉見さんヒトミさんとごはん食べた時のやつでいきますね。

人数

→3人

時間帯

→ランチタイム(その後カラオケ行くから、そこまで長居しないはず)

どんなものが食べたいか

→がっつりお肉という意見(でも吉見さんはダイエット中だから野菜もあるお店がいいであろう)

メンバー

→いつものメンバーだから、気を使わなくていい雰囲気のところ。吉見さんはたばこ吸う。ヒトミさんは大阪の人だから、ちょっと京都感じられるところがいいかな?

予算

→1500円以内に収める、お財布に優しい感じがいい

集まりやすい場所

→河原町近辺

 

ここまで決めてから、検索を始めます。

・事前に予約はとれるか?

・個室などはあるか?

・営業時間は?(15時までしかいれないとか)

・お店の写真/料理の写真

・場所のわかりやすさは?

・口コミ→料理の提供スピードやスタッフさんの接客について

こんなことをチェックしながら検索していっています。

食べログなどで分からない場合は、Instagramがおすすめ。 ハッシュタグを使って色々検索できるので、よく使っています。気になる情報を見つけたら、すぐにコレクションに保存するようにしておくと便利ですよ。

検索結果を受けて大体、3候補くらいに絞り、それぞれのお店の売りや特徴を添えて、「どれにしますか?」とチョイスしてもらう感じです。

 

 

私のリサーチ方法については、以上です。

特別なことはしてないと思うので、ぜひぜひ真似してみてくださいね(*´ ˘ `*) やってみての感想や「ここわからへーん!」とかありましたら、お気軽にご相談くださいませ。

あなたの、お役に立ちますよーに!